2010年02月04日

大河ドラマ「龍馬伝」の岩崎弥太郎

2010年のNHK大河ドラマである「龍馬伝」は、福山雅治さんが演じる「坂本龍馬」が主人公になっていますが、この「坂本龍馬」の33年と言う短い生涯を、香川照之さん演じる「岩崎弥太郎」の視点から描いている作品になっています。

ドラマの内容ですが、岩崎弥太郎は三菱財閥の創始者であり、幕末時代屈指の経済人でもありました。同郷には、あの坂本龍馬がいましたが、いつも自分の前を歩いている坂本龍馬に、岩崎弥太郎が憧れていたと言う事は有名です。

しかしある日、土佐藩参政において師事していた吉田東洋が暗殺されました。この事をきっかけにして、岩崎弥太郎は坂本龍馬の事を憎む様になったと言います。

その後、弥太郎と龍馬の二人は長崎の地で再会を果たす事になります。二人は衝突を何回も繰り返しながら一緒に海援隊を盛り上げていったそうです。しかし坂本龍馬は暗殺される事になり、坂本龍馬の志でもあった「世界の海援隊を作る」は岩崎弥太郎に引き継がれ、その後の発展を遂げていく。と言う物語になっています。

出演するキャストも豪華で、龍馬の師である「勝海舟」役を武田鉄也さん、龍馬の妻「お龍」役を真木よう子さん、龍馬の姉「坂本乙女」役を寺島しのぶさん等と言った、豪華な顔触れになっています。

幕末の風雲児と呼ばれた坂本龍馬の生涯を、三菱グループの創始者である岩崎弥太郎の視点で描くと言う、面白い視点の大河ドラマは、今までにない様な感じの大河ドラマになっています。

posted by 岩崎弥太郎 at 03:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。