2010年07月27日

三菱商会の誕生

明治4年の頃、廃藩置県が行われ、岩崎弥太郎はこの時に土佐藩小参事と言う立場を失う事になりました。時を同じくして後藤象二郎、板垣退助に説得される様な形でつくも商会の経営を任される事になりました。これが岩崎弥太郎が実業家として始動する第一歩になりました。つくも商会の経営を行うと決めたあたりから、弥太郎は士官を目指す事を諦め、起業家として生きる決意を固めたと言います。

三菱商会が生まれた原点は、岩崎弥太郎が譲り受けた「つくも商会」になります。

岩崎弥太郎はとても野心家で、気性の激しい性格だったと言います。幹部達も弥太郎の顔色を伺いながら仕事をしていたそうで、それを見ていた弥太郎はとてもまどろっこしくなり、独裁体制を築き上げたそうです。弥太郎の独裁体制に入った時に、社名も「三菱商会」と改め野望のごとく突き進む事になりました。

この頃、弥太郎の弟である弥之助が留学先から帰国した事で、三菱商会の体制は万全を迎えます。明治7年、三菱商会は東京日本橋に本店を移し、名前も三菱商会から三菱蒸気船会社として新たに指導しました。この時に弥太郎の呼び方も当時の「旦那」と言う呼び方から「社長」と言う呼び方に変わったそうです。

岩崎弥太郎の思いとしては、この事業が成功するか否かは、お客様に対するサービス次第なのでは?と言う思いが有ったと言います。しかし、社員はほとんど下級でも武士出身の為に人に対して頭を下げると言う事が出来ないでいました。そんな武士のプライドを捨てられない社員達に、笑顔で頭を下げる様に矯正する事がとても大変だったらしいです。
posted by 岩崎弥太郎 at 23:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。