2010年08月14日

岩崎弥太郎の生家

三菱社の創業者である岩崎弥太郎は、高知県安芸市(当時は井ノ口村)で生まれ、幼少時代を送っていました。今は妙見山の所にある山麓へ続いている道すがら、生家が残っています。車1台がやっと通れる道の所にある、とても穏やかな雰囲気の所です。そんな所で岩崎弥太郎は生まれました。

岩崎家が安芸氏に家を構えたのは、弥太郎の曽祖父であった岩崎弥次右衛門が1795年に手に入れたものだったと言います。今現存している生家は、1795年当時の姿そのままだと言う事で、残っているのは凄い事だと思います。大体30坪程の土地に、平屋でかやぶきと言った佇まい、部屋も4畳半の部屋が3つ、8畳ほどの部屋が1つと言った感じで、決して広いとは言えない家でした。

また、土倉の所にある鬼がわらには岩崎家の家紋が彫られていて、それは三階菱と言う形でした。三階菱は菱形が鏡餅の様に3重に積み重なっている様な感じになっています。これが三菱マークの原型になっています。

岩崎弥太郎と言う人物を知る上で、生家を知っておくと言う事はとても大切な事だと思います。何しろ今や財閥とまでなっている三菱グループの創始者である、岩崎弥太郎の原点ですから。それと同時に、当時の暮らしぶりが分かる様なとても貴重な財産でもあります。

岩崎弥太郎の生家は、今の時代に見たとしても、周りがのどかだっていう事、家の雰囲気からして当時にタイムスリップしてしまう、とても穏やかな感覚になると思います。
posted by 岩崎弥太郎 at 23:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。