2010年10月29日

岩崎弥太郎が海運と出会った理由

1865年、西郷隆盛の支持を得て、亀山社中を結成したのは坂本龍馬でした。亀山社中の役割と言ったら、航路を使って物資を輸送する事、その他には航海訓練を行う事と言った役割でした。

この頃、土佐藩の中でかなりの実力を付けていた後藤象二郎ですが、開成館と言う組織を結成して、土佐の商品を売ると言う商いをしながら、富国強兵をしようと志していましたが、そうは上手くはいきませんでした。その事から1867年に土佐商会の責任者として岩崎弥太郎を抜擢したという事です。岩崎弥太郎はここから経済への道を歩むことになります。

その頃、後藤象二郎と坂本龍馬は長崎で会談をし、大政奉還への道を進めようとします。同年坂本龍馬に対する脱藩の罪が許されると、亀山社中から海援隊と名前を改め、土佐藩の為に色々と尽力を尽くす事になりました。この時、海援隊の経理を担当したのが岩崎弥太郎だった様です。

岩崎弥太郎は交渉術にも長けていた様で、海援隊が「いろは丸」と言う船で処女航海している最中、徳川家紀州藩の船と衝突して沈没してしまいました。相手が相手だけに賠償請求もなかなか上手くいかなかった所、岩崎弥太郎が上手い、紀州藩に対して賠償をしてもらえる様になったと言われています。

その後大政奉還も出来たのですが、同年、坂本龍馬が暗殺された事により、海援隊は勢力を失っていく事となります。その後海援隊は分裂しましたが、それを岩崎弥太郎はつくも商会や郵便汽船三菱会社等、三菱グループに分散させて発展させていく事になりました。坂本龍馬との出会い、これが岩崎弥太郎と海運が出会ったきっかけであった様です。
posted by 岩崎弥太郎 at 23:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。